【最短で中央大学通信を卒業する】5 科目試験編

 5 回目 まだ大学で学ぶのに通学してるの? 科目試験編

 

今回は科目試験の基本的な対策について書きます。

科目毎には後日、各科目毎にまとめる際にテストに関しても書いていきます。

1、科目試験とは

科目試験の極意は「敵を知り、己を知らば、百戦危うべからず」です!(by孫子)

まず大切なのは、科目試験が何なのかを知ることです!

(1)科目試験の形式

・科目試験を受けるには要件があります!

・年に4回行われる

・要件さえ満たしていれば、何度でも受験できるか。
(ちなみに、中大は何度でも受験できました。)

・試験時間を把握する

記述量は1000〜1500程度が必要!(どこにも書いていていないですが、私の経験上そうでした!)

以上が科目試験の基本となります。

(2)科目試験の出題傾向を分析する

・試験を受けるに当たって、通信制の大学の科目試験は試験範囲が広いです!

教科書全てなんてこともザラにあります!

超人でもない限り、何も対策しないと、不合格です!

そこで、どう対策するかを以下で説明します。

方法1(過去問がある場合)

①過去問をを分析する

(ⅰ)過去問を集める

・過去問は私の在籍していた大学では科目試験が終わる毎に、一部の科目以外郵送で届きました。

・勉強会や支部会に参加して、先輩から過去問を借りる。

(ⅱ)出題傾向を探る

・どんな分野が出題されているか分析する。

私は上図のように分析してました!

・実際に答案を作る!

よく出る分野から1000〜1500字で回答を作っていきます!

こんな感じです!

解答を作ることで、自分が何をわかっていて何をわかっていないかがわかるので、重要です!
(面倒くさいですが…)

 方法2 (過去問がない場合)

書店等に行き、試験科目の分野の薄い本の目次を数冊確認する!
薄い本にでも書いてる事はその分野では外せない事だからです!

・どの本にも書いてあった頻度の多い分野からまとめていく!
この時は教科書や参考文献を見てまとめる!

・5~10分野ぐらいまとめると、試験に合格できます!

以上になります。

最後に、科目試験の準備に関しては、科目によって費やす時間は異なりますが、試験勉強の準備だけでも大体1ヶ月位はかかると思います。

ちなみに、レポートも1ヶ月位かかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

29歳のWebエンジニア/中央法→大手証券会社→プログラミングスクール→Webエンジニア(2年目)/現在は神奈川に住みながらプログラミングをメインにTwitterやブログで発信してます!