【最短で中央大学通信を卒業する】32 レポート評価の仕組み

 32 回目 まだ大学で学ぶのに通学してるの? レポート評価の仕組み


今回は、意外と知らないレポートがどの様に評価されているのかについて書きます。

  目次
(1)レポートの評価の流れ
(2)インストラクターとは
(3)評価の仕組み
(4)まとめ

(1)レポートの評価の流れ

①提出したレポートは一度中央大学通信教育部に送られます。

②その後、各科目のインストラクターに送られ、レポートを評価し、返送されます。

(2)インストラクターとは

・インストラクターが誰か知っている方もいるかもしれませんが、説明します。

・インストラクターは各科目の講師、助教授、教授が評価しています。(中央大学以外の方もいます。)

(3)評価の仕方

・上記で説明したインストラクターがレポートを評価します。

・レポートの評価は、予め中央大学から送られている評価の基準を元に、おこないます。

・私も見たことはないですが、話によると、各レポートで書かなければならないこと、どれくらいの内容が書いてあれば、合格かが書いてあるそうです。

・この様に評価することで、一定基準を満たしていれば、どのインストラクターでも合格できる様になっているとのことです!

・評価される項目は課題毎に異なりますが、簡単にあげると、言葉の定義、課題の論点をおさえる、学説、判例等が挙げられます。

(4)まとめ

・レポート学習は通信で勉強する上で、避けては通れないものです。

(1)〜(3)までのことをまとめると、評価の対象となる項目は決まっているので、とにかく、論点、学説、判例等を2000字程度でまとめて、提出すると、合格する確率が上がると思います!

・評価の仕組みがわかったからといって、簡単に合格できる訳ではないですが、仕組みがわからないと、納得ができない方もいると思うので書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

29歳のWebエンジニア/中央法→大手証券会社→プログラミングスクール→Webエンジニア(2年目)/現在は神奈川に住みながらプログラミングをメインにTwitterやブログで発信してます!