【最短で中央大学通信を卒業する】22 経済学編

 22 回目 まだ大学で学ぶのに通学してるの?  経済学編

 

 今回は経済学の学習について書いていきます。
効率よく勉強していきましょう!

 1、内容

・主な学習内容:マクロ経済とミクロ経済

・単位数:4単位

・規定レポート数:4通

・スクーリングなし
私が在学していた時はあったのですが今はないようです。

(1)レポート学習

・字数やまとめ方はいつもと同じ、2000字程度、複数の参考文献をもとに
まとめるだけです!

OnePoint(図を使って説明するのもあり!)
他の科目と異なり、経済学では図や表をもとに説明することができます!
図や表を使うことで、わかりやすく、説明することができるので、是非使ってみてください!

(2)科目試験

・出題が範囲は広いですが、ノートを持ち込めるので、事前の準備を怠らなければ、 試験は問題なく合格できます。

(3)経済学を勉強するのに使える書籍

今回は書く内容があまりなかったので、代わりに、参考になった書籍を紹介します!

・南英世『意味がわかる経済学』(ベレー出版)
大学で勉強する内容としては、物足りないですが、経済学がどのような内容かをわかりやすく、説明した書籍です。
初学者や簡単に概要をおさえたい方には便利な本です

石川秀樹『単位が取れるミクロ経済学ノート』(講談社)
石川秀樹『単位が取れるマクロ経済学ノート』(講談社)

この2冊はマクロ、ミクロ経済の重要な内容のみを分かりやすくまとめた書籍です。分量も多くなく、初学者が最初に勉強するものとして適します。

(4)単位取得とは関係ないが読んでおきたい本

・トマ・ピケティ『21世紀の資本』(みすず書房)

本気でトマ・ピケティを読みたい人にオススメの本です。教科書よりも分量が多く、学術書を読む苦労をいとわない方限定です!

トマ・ピケティ『トマ・ピケティの新・資本論』(日経BP)

上記の書籍の内容を分かりやすくした書籍となります。ピケティの内容をしっかりおさえたいが、学術書までは読みたくないという方にはオススメです!

・竹信三恵子『ピケティ入門「21世紀の資本の読み方」入門』(金曜日)
ピケティが何を言いたいのかはわかる書籍です!ただ、理由づけや根拠が乏しい所もあるので、簡単にピケティを知りたい人にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

29歳のWebエンジニア/中央法→大手証券会社→プログラミングスクール→Webエンジニア(2年目)/現在は神奈川に住みながらプログラミングをメインにTwitterやブログで発信してます!