railsガイド(1)

railsガイド(1)

1、はじめに

環境の設定

  • ruby 2.7.2
  • Rails 6.1.1
  • MySQL8.0

2、学べる内容

簡単にrailsでアプリケーションを作成する章になっており、具体的には下記の内容になります。

  1. articlesのCRUD機能
  2. commentsのCRUD機能
  3. BASIC認証

3、遭遇したエラー

を実行し、http://localhost:3000/welcome/indexを実行したところ、下記のようなエラー(ActionView::Template::Error)に遭遇した。
原因としては、jsのファイルを読み込むところで、webpackerが上手く動いてくれないということなので、
を実行し、再度railsサーバーを立ち上げ直すと、問題なく動きました。

4、感想

プログラミングを全くやった事がない方には、詳細な解説もないため、何をやっているかよくわらずに作る事になってしまう内容になっています。ただ、railsの概要を掴むという意味では非常に参考になる内容であったと思います。

この章以降でrailsの詳細について学んでいくので、その骨組みを学ぶ位置付けの章だと思うので、問題はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

29歳のWebエンジニア/中央法→大手証券会社→プログラミングスクール→Webエンジニア(2年目)/現在は神奈川に住みながらプログラミングをメインにTwitterやブログで発信してます!