勉強した技術書の感想⑧

勉強した技術書の感想⑧

 

今回紹介するのは『基礎Ruby on Rails』です。

 

今まで勉強してきたRailsの技術書の中ではかなり良かったです!

今のところ、個人的には一番使い勝手がよく、勉強し易いです!


目次

  1. 概要
  2. この本のメリット、デメリット
  3. 感想
  4. まとめ
  5. 今までに読んだ技術書

1、概要


ページ数:555ページ、通読にかかった時間:16時間程度

構成:15章構成

10章までが基本で、11〜15章までが応用分野となってます。

内容としては、一つのWebアプリケーションを作りながら、Railsについて勉強していきます。

1章がRailsについての説明と開発環境の準備についてです。

2章がRubyの基本的なメソッド、クラスなどの説明です。

3章からがasagaoというアプリを開発しながらRailsについて勉強していいきます。

・基礎編(3〜10章まで)

モデル、コントローラー、ビュー、データベース、ルートの設定、検索機能、バリデーション、モデルの関連付け(1対多の関係)を説明します。

・応用編(11〜15章)

例外処理、ファイルのアップロード、モデルの関連付け(多対多の関係)、名前空間について勉強します。


2、この本のメリット、デメリット


・メリット

①実際にアプリを作りながら、Railsを勉強していくので、実際どのようにコードを書くとどのように動くかがわかり易く、理解し易いです。

②サンプルコードがあるのでエラーが出たときに、自分のコードと見比べて、何が間違っていたか見つけ易いです。

③サンプルコードがあるのでわからないときはコピペで乗り切れる!(基本的に技術書通りにやっていけば、問題なく進んでいけるとは思いますが…)

・デメリット

特になし!強いて言えば、若干値段が3500円とお高めです…


 

3、感想


非常に役立つ一冊でした!

Railsを勉強しようと思っている方には非常に役立つ書籍だと思います。

Webアプリを作りながら、勉強していくので、非常に理解し易い作りになっていると思います。

1周では理解しきれない部分もあり、何度も繰り返して、読み込んでいく必要がある書籍だと思いました。


 

4、まとめ


Railsを本気で勉強しようと思う人は必ず買った方がいい書籍でした。

初学者には間違いなく役立つ書籍でした!

ただ、いきなりやると理解できないところが多いと思うので、Progateや簡単な書籍で一通り勉強上で、取り組み事をオススメします。


 

5、今までに読んだ技術書


勉強した技術書の感想⑦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

29歳のWebエンジニア/中央法→大手証券会社→プログラミングスクール→Webエンジニア(2年目)/現在は神奈川に住みながらプログラミングをメインにTwitterやブログで発信してます!