勉強した技術書の感想⑤

勉強した技術書の感想⑤

 

今回紹介するのは『エンジニアのためのGitの教科書』です。

プログラミングの勉強を始めるといつかは出てくるのがGitです。

しかし、Gitはどうにもわかりづらく、出来なくても、コードはかけるのでやらないという方もいるかと思います。

実際、私もそうでした。プログラミング スクールに通わなければ、Gitをスルーしていたと思います。

ただ、ある程度使えるようになると大変便利なものなので、身につけて損はないです!


目次

  1. 概要
  2. この本のメリット、デメリット
  3. 感想
  4. まとめ
  5. 今までに読んだ技術書

 

1、概要


ページ数:200ページ、通読するのに要した時間:6時間。この書籍では、ターミナルGitとGithubを使って、コードを管理する方法を説明します。

構成は3章構成となっています。

1章がGitとバージョン管理の基本です。内容はgitの基本的は構造の説明とターミナルでGitを使って、Githubにコードを保存する方法を説明します。

2章がチーム開発のために使うGitとGithubの使い方の説明です。なぜ、チーム開発でGithubを使うと良いのか、どのようにチーム開発の際、Githubにあげるのかについて説明します。

3章がチーム開発で使う応用的なGit、Githubの使い方になります。2章で説明した事を前提に、チーム開発で知っておくと便利な知識を説明します。

最後におまけとして、Gitコマンド早見表がついています!これが以外と便利です!


 

2、この本のメリット、デメリット


(1)メリット

GitとGithubの基本的構造がわかります!

ワーキングディレクトリ、ステージングエリア、リポジトリなどの概念がわかりやすく書いています!

Gitは概念的な要素が多く、ターミナルは文字動かすため、わかりづらいですが、このわかりづらさを解決してくれます!

Git早見表が便利

Gitはコマンドが多く用意されているため、始めの頃はコマンドがどれかわからなくなってしまいます。その時にすぐに確認できるので非常に便利です。

初学者が学ぶには充分な分量

Gitの基本事項、チーム開発で必要となる最低限の知識が網羅されているので、非常に役立ちます!

(2)デメリット

①ターミナル、Git、Githubを使わない人には参考にならないところが多い。


 

3、感想


私がGitを始めて、勉強したとき(1ヶ月前)にはよくわからず、Gitを使っていました。そもそも、GitとGithubの違いも良くわからずにいました。

ちなみに、Gitはコードを投稿するもの、Githubは投稿されたコードを共有するWebサイトだと理解しておくとわかりやすいです!

このままではいけないと思いGitの本を今回紹介したもの以外にも読んでみたのですが、どうもしっくりこないものが多かったです。

今回紹介した技術書は私の理解が不十分だったGitとGithubの概念や使い方を図やイラストを元にわかりやすく書いてあり、非常に理解しやすかったです。

Gitがわからない人からGitが少しわかる人には確実になれる技術書でした!

エンジニアになりたい初学者の方は価格も2000円程度なので、良い投資になると思います。


 

4、まとめ


エンジニアになるにはいつかはGitを勉強しなければならなくなるので、Gitは周りに見せたいコードが出来たあたりで、勉強すると良いと思います!

Gitができるとコードの管理が簡単になるので、使えるようになるとGitは非常に便利です!


 

5、今までに読んだ技術書


勉強した技術書の感想①

勉強した技術書の感想②

勉強した技術書の感想③

勉強した技術書の感想④

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

29歳のWebエンジニア/中央法→大手証券会社→プログラミングスクール→Webエンジニア(2年目)/現在は神奈川に住みながらプログラミングをメインにTwitterやブログで発信してます!