プログラミング を勉強する時にPCを使わない勉強

プログラミング を勉強する時にPCを使わない勉強

 

毎日、プログラミング を勉強していると、目が痛くなったり。肩が凝ったりしないでしょうか。

 この原因として言えるのは、目の使いすぎです!

ではどうすれば良いのか考えてみました。

 

1、日常を生きているだけなら目は疲れていない!


日常生活をおくる上で、テレビやPC画面を見ていてもそこまで目が痛くなることはないのではないでしょうか。

結局、目が痛くなったり、肩がこるのは長時間PC画面をみていたり、長時間同じ体勢でいる事が原因です。

そこで、どうすれば良いのかについて、私の解決方法について紹介します。


 

2、解決方法


①プログラミングの勉強を書籍です!

プログラミングの多くの書籍はコードを書きながら勉強していくため、PCを見なければならないものが多いと思います。

しかし、コードを書かなくても勉強できる書籍もあります。具体的には、DBの書籍、ウェブデザインの書籍、『たのしいRuby』なんかも読みものとして使えます。

また、Progateを勉強した際にノートをとっている方は、それをみながら勉強するのも良いです!

結論:PC画面をみないでプログラミング を勉強できるものを作る!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

29歳のWebエンジニア/中央法→大手証券会社→プログラミングスクール→Webエンジニア(2年目)/現在は神奈川に住みながらプログラミングをメインにTwitterやブログで発信してます!