6月の振り返り

6月の振り返り

1社目を辞める月となる。前半は引き継ぎと画面の修正を行ったのち、ひたすら自習しつつ、転職活動をする1か月でした。

1、6月1〜

色々言われすぎ、自信を喪失していたのだが、Twitterや知り合いなどから、暖かいお言葉を頂き、「そこまで自分は無価値ではないのではないか⁉︎、いや、それなりには価値があるんじゃないか」と謎の自信を持ち、気持ちを入れ替え、転職活動を始める!

ここから、謎の自信を持ったおかげか、急に5月まではあまり頂けなかった内定も頂けるようになり、待遇も予想以上に高かったりして、正直驚いていた!(5月に決まらなかった原因の一つとしては、エージェント経由だったのも原因だった気はしますが…)

高評価だったのが、ポートフォリオと実際の業務(4つのアプリで色々実装、デバッグ、テストをやった事)でやった内容をしっかりと説明できる事とマメにノートに毎日何をしたかまとめていた事だった。

2、6月3、4日(DBにある人数を画面に表示)

正直、簡単な内容なので実装方法も何もないのだが、簡単に説明すると、「⚪︎⚪︎⚪︎名」と画面に表示すれば良いだけでした。詳細は大人の都合で書けないですが以下の通りです。(Railsのアプリケーションです。)

実装方法

  1. 「count」を使う( 詳しく知りたい方はRailsドキュメントのcountを確認ください)
  2. scopeで該当する条件のデータを絞る
  3. コントローラの該当アクションの部分のデータにscopeを反映させる
  4. 画面に想定通りに表示されているか確認する

以上で、後はPR出して、レビューを受けて終わりかと思っていたが、まさかのデザインにもこだわることになり、デザインとの戦いが始まる…

まず、やったのが、人数の表示を「0010名」の様に表示したということなので、「sprintf」を使って3秒ぐらいで終わる。

問題はここからで、デザイナーが望む様に画面を実装するのが予想以上に難しかった…

一部ですが以下の様な点を見ている様でしたので参考までに

  1. 事務的な文章は、ポエムのように改行しない
  2. 文章などの表現も注意する(補助動詞はひらがな、文章の区切りにも注意する)
  3. 文字幅、padding、margin、上下左右のバランス
  4. Full Page Screen Captureでスクショしたものをpngファイルで送る

はじめてデザイナーの方との仕事でもあったので、仕事の勝手がよくわからないというのもあり、苦戦を強いられましたが、なんとか完成し、終了!

久しぶりにHTML、CSSを使ったが、基礎をしっかり勉強しておいてよかったと心底思った日でした。(予想以上に忘れていて焦りもしましたが…)

3、6月5(引き継ぎ)

受託でやっていたアプリケーションを引き継ぐことになり、それ以降の業務な無くなる。

引き継ぎは自分が説明された事を説明し、終了!(なぜ、メインで担当していた方がいるのにそこまで詳しない自分が説明するのかという疑問はあれど…)

「引き継ぎ以降の業務はありません」と言われた後、特に業務が言い渡されることはなかったので、この日以降はひたすら自習を始める。

以降は有給消化ができる日まで、ひたすらオフィスに来て自習する日々が始まる(その他公共機関に行ったりもしましたが…)

4、6月6〜17(自習、転職活動)

・転職活動編

今月の初めに賃金関係でも問題が起こり、最終的に問題は無くなった訳だが、覚悟も決まりいざツイッターを使っても転職することに!

予想以上の反響があり、ツイートしてから僅か1日で10社ぐらいからお声がかかり、自分が一番驚く!(つぶやきた事つぶやいているだけのツイッターだったので…)

幸い、このツイッター転職でお声をかけて頂いた会社に今はいる訳なので、本当にありがたい限りでした。(お声をかけて頂いた会社、内定を出して頂いた会社には本当感謝しかなかったです。)

転職活動をしていて思ったことは後日まとめようと思いますが、求めるものはマチマチということでした。列挙すると以下の通りでした

  • ポートフォリオの作り込みを重視する会社
  • アルゴリズムが出来る事を重視する会社
  • 適性検査の結果を重視する会社(CABなど)
  • 経歴、経験年数を重視する会社
  • コミュニケーション能力を重視する会社
  • アウトプットをしている事を重視する会社(Qiita、ブログなど)
  • 会社の雰囲気に合うかどうか
  • 業務でどんな事をした

以上の様な要素を割合は違えど複合的に重視していると思われました。

転職活動の結果:15社位受けて、3社から内定で終了しました。

・自習編

転職活動をしていて、自分に足りないものも見えてきたので、それを埋めつつ、今までやりたくても出来なかった勉強を行う。

やった内容は以下の通りです。

  • アルゴリズム(『アルゴリズムをはじめよう』)
  • アルゴリズムの問題集(Javaの勉強会でもらったものをRubyでひたすら書く)
  • 『たのしいRuby』
  • 『パーフェクトRuby』
  • 『現場Rails』
  • 簡単なECサイトの作成
  • たにぐちまことさんのYoutube(HTML、Git)
  • Udemy(シナトラの動画)

以上を肺と胃が痛い中ずっとやっていました。もっとやれると思ったのですが、意外と進まなかったというのが感想でした…

4、6月18〜30(ニート期間)

自由になったので、とりあえず本屋へ行ったり、遊びに行こうと意気揚々になるも、美味しいもの食べて、カラオケ行ったぐらいですが…

20日ぐらいから明らかに体調が悪くなっていき、21日位から鼻水が止まらなくなり(花粉症だなと勘違い中)、22日位から腹痛と下痢がひどくなる(ご飯も今までまともに食べてなかったので悪いものを食べただけだなと勘違い中)、23日位から何故か立てなくなる(当然、風邪です、私だけが認識してないだけで…)。23〜26日位までは、寒気と高熱にうなされ、食べ物をまともに食べれず、3分で行けるコンビニ行く事すら出来ない状態になり(ここで、あっ、風邪引いたんだと認識する…)、3日位寝たきりになり何も出来ず、27日位から日常生活を送るだけの体力は戻る!

ストレスから解放されたのに、何故風邪を引くのかと理解出来ていなかった私でしたが、どうやら、4ヶ月で溜まっていた疲れとストレスが原因だった様です(医療関係者の話によれば…)。

5、まとめ

早くも1社目を辞める事になるが、理由を話すとご理解頂ける企業が多く、無事に転職先も決まり、後半は寝たきりな1ヶ月でした。

この月は自習が多かったのですが、実務をやってから書籍を読み直すと非常に勉強になりました。

4ヶ月で学んだことは、困ったら本屋に行き先人の知恵を借りる、ググって何とかする、スラックで文書だけでコミュニケーションを取るのは大変、PRのレビューで言われた事、助言はしっかり理解し、直すこれだけの気がしました。(個人の感想です)

まだまだ、レベルは低いが、「時間をかければ、ググれば何とかなるんじゃない」という謎の自信もつきました。慢心は危険ですが…笑

来月からは幸せな内容が書けそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

29歳のWebエンジニア/中央法→大手証券会社→プログラミングスクール→Webエンジニア(2年目)/現在は神奈川に住みながらプログラミングをメインにTwitterやブログで発信してます!